スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    咲-Saki- 第139局「窮鼠」 感想

    今号のヤンガン、巻末グラビアの子が何だか好みです。
    誰か似たアイドルが昔いた気がするなぁ。
    結構好きだったけれど誰か思い出せない、そんな感じで好みです。
    あれ?フェンシング漫画がないような。もう終わったのだろうか。
    以上、咲-Saki-のページが少ないのでヤンガンの感想でした。

    以下、既読者向けにつきネタバレ注意です。


    窮鼠
    前回は「好機」なんて良タイトルがまだ残ってたんだ・・・と思いました。
    今回の「窮鼠」は・・・使用しても今後困ることはないですな多分(笑)


    桧森誓子 himori chikako今回は丸ごと普通の麻雀、闘牌描写の回でした。
    前回の前半と同様の心地よさ。

    これ、どういう心地よさかと考えてみると「没入感」なんだと思います。

    思うに久部長が能動的に場を動かす中堅戦はガチャガチャして面白いのですが、副将戦は和があの調子なので落ち着いたやり取りが合っている気がします。

    前回、いよいよユキちゃんが始めて能力を見せるというターンで、ダヴァンの主観的でギミック感の強いデュエルが割り込んだ時、私の中で没入感がフッと切れるのを感じました。プロレスの乱入でよくある感覚。

    それは別によいのだけれど、今回のダヴァンは試合展開に「鳴き合戦でスカ・・・」と合いの手を入れるだけで雑味なく話が進みました。ダヴァンもつぶやきやボヤキが良いキャラなので、今回みたいな能力なしで打つ話がもっとあっても面白かったかも。



    sawaya 爽ユキちゃん、前回に続いて 「ツモ!」【カッ】と和了ました。

    カッが好き。ユキちゃんの特徴なのでしょうか。

    欲を言えばこのときの有珠山控室も観たかった。また乙女な爽→が見たかった。

    絹ちゃんの「普通に和了られた・・・」というそのまんまな感想で終了。



    景色だ!サンキューリッツ

    有珠山高校の現地訪問の泡沫ブログで終わりたくない(笑)と本編の感想など書きながら半年が過ぎましたけど、やはり久々に風景が出てくるとテンション上がります。

    秋冬の間、咲-Saki-は珠山高校(=洞爺湖温泉町)の現地が描かれることは殆どなく、あったのは金比羅火口展望台(有料)からと思われる絵のみ、しばらく風景がなかった事で、北海道の冬道を峠越え含む片道100km以上を運転しなくて良かったのは幸いでした。サンキューリッツ

    今回の見開き扉絵では、ユキちゃんと爽が描かれていますが、有珠山メンバーと風景が絡む絵は貴重で、避難車で雀卓を運ぶシーン以来の2回目となります。場所も近いようですし、この2箇所は訪問時に外せませんね。

    でも、もうちょっと増やせませんか?リッツ様。

    道路の雪は消えたし、車を修理に出して無事に治ったら行ってみよう。ダメかも知れんけど・・・(苦笑)

    爽 桧森誓子 sawaya chikako

    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

    咲-Saki- 第138局 「好機」 感想

    阿知賀編BD-BOXもやっぱり法人オリジナル特典あるんですね。
    Amazonの通常版の安さが恨めしく思えるくらい理不尽に迷ってます(笑)

    先日、本屋を歩いてると【艦これ】のPOPがチラリと視界に入りました。その弓をひくキャラが小走先輩にみえてドキッとしてしまいました。帰って調べると加賀さんらしい。あまり似てなかったけどその絵は気に入った(笑)

    阿知賀編BOXの特典に小走先輩の絵があれば嬉しいなぁ
    (絶対ないわ)

    以下、既読者向け感想記事。ネタバレを多く含みます。


    今回は冒頭しばらく普通の麻雀漫画、すごく心地良く感じました。
    読者の麻雀感覚が温まったところでユキちゃん起動。
    きたきた~

    右手で左腕を押さえるユキちゃん。
    前回、右手が震えていたけれど押さえたのは左腕なんですね。

    これ、アニメ全国編で、久と和の2人がやっていたポーズですね。
    対局前の萎縮した部長と阿知賀に会った後の和。
    あれは思わず震える体を抑えるといった場面だから意味が違うけれど。

    ユキちゃんの場合は「左手を使ってもいいでしょうか」のジェスチャーのようですが、見方によっては、左腕を握る事で「スイッチが入り文字が浮かび上がる」みたいな描き方されてる。

    ブレスレットに紫外線LED、ちょうちん袖にリモートスイッチを仕込んでるかも!

    爽ならやりかねないのが怖い。
    shishihara sawaya 獅子原爽

    ●浮かぶ文字、能力

    左手に浮かぶ謎の文字!
    今さらでしょうがルーン文字やら梵字やら調べて見つけました。(初期)フェニキア文字のHとYらしい。

    ま、私にはそれ以上考察は出来ません。そもそも、どちらも楽天イーグルスのマークみたいだと思った程度のレベルですし(笑)そこらは今後追加で語られるかも。

    でも個人的な注目ポイントはそこじゃないのです。

    なんか咲-Saki-っぽい。
    咲-Saki-のリアリティラインに合ってる。


    それが嬉しかった。
    なんだか古代文字が出てくると良い意味で胡散臭い、そこが妙に嬉しかったんです。

    「ユキちゃん、あんたそういうの大好きでしょwwww」って感じがする。

    これは「ちょっと感覚がおかしいユキちゃん」というキャラ造りをして来た事の帰結(の1つ)ですよね。丁寧に布石を打っておく(いつもの)リッツの良い仕事です。

    それにこの能力、結構な制約がある所も咲-Saki-らしいリミッターが効いてます。

    ついでに言えば爽さんが2コマ描かれているけれど、どちらも良い表情していて、こういう丁寧なキャラ描写も咲-Saki-っぽいです。

    ◆◆◆◆◆
    いやね・・・リッツ公式の霧島神境の設定を読んで以来・・・個人的にはあれは、リミッター解除、リアリティラインのブレと思ったんです。

    ---つまらないのでいろいろ削除しましたw---

    「神境については少しぼかしておきたかったことの一つ」と書いているので本筋に大きく影響しないと思うし、そうであれば永水のいくつかの事は(個人の楽しみ方として)見なかった事にして保留しておけばいい。ガンダムでガウ攻撃空母が真っ二つになったのをファンは無かった事にするように。

    つまり、第138局「好機」を見て、やっぱり「咲-Saki-は咲-Saki-だった」 凄く意面白い!という結論です。
    安心、安堵しました。



    今回は、松本零士メカみたいにコピーを貼り付けてもよいくらいユキちゃんのアップが多かった事もあって、好きなコマが沢山ありました。引用は一コマにしようと決めてるんですが、今回はやっぱりこのコマでしょうかね。


    雀 明華 Choe Myeonghwa

    副将の子達は何しても
    可愛いのよね・・・

    (中堅と違って)


    ああ、ミョンファとダヴァンを入れ替えれば副将戦は各校のビジュアルNO1が揃ってTV視聴率は凄い事になったかも。中堅戦も庶民派(ちょいガラ悪マナー悪)が揃って別なファン層が注目だったでしょう。


    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

    咲-Saki- 第137局 「辛抱」 感想

    北海道の冬休みは長くて小学校の三学期は20日から始まります。
    という事でもう空いてそうなベイマックスを観てきました。日本版CM(泣ける映画風)と違って映画は面白かったデス。

    以下、既読者向けにつき、あらすじは書きませんがネタバレは多く含みます。


    もうとっくに旧聞になりますがリッツ公式にこうありました。

    下書きが6ページ、ペンは入ってるけど塗り絵状態なのが5ページ
    というとんでもない状況で…


    プロ作家として痛恨なのはロンオブモチでしょう。でも、牌や背景が出来ていることもあってファンとしては気になりませんでしたね。というか、下書きの丁寧さと素敵さが見れて私は嬉しいです。ヤンガンをパラパラっと見たらもっとラフな線の漫画もありますし阿知賀編より綺麗だしね。掲載誌と単行本を買う人にとっては図らずも2バージョンが入手出来てありがたいサービスです。

    そういえば131局の時は「とてもきれいな線を引く先生ですが、普通のペン入れ後とは違うラフな線が見れて貴重ですね。」なんて一コマだけで喜んでいたのに今回は贅沢(?)です。

    ↑コレすごく好き。惚れ惚れするなぁ。でも吹き出しの下は何だろう

    キャラ以外は牌や卓も含め背景スタッフによる3Dモデルですかね。ならば有り物のデータを使えるので一品物の風景よりはずっと早く出来そうな気がします(発注自体も遅れていたかもという意味で)。この下書きはシャープペンで描いてるのかなぁ(ぺんてるエルゴノミックスはまだ愛用されてるのだろうか?)

    遅れた理由は分かりませんが、今月のシノハユのネームが難産だったのかもしれませんね。後半に一気に全国大会まで話が飛ぶとかしたらありえそう。あぐり先生(ベテラン)ですら「人生未体験ゾーンのスケジュール」なんてツイートしていたので気になります。

    エトピリカ
    エトペン原作の話が出てきましたね。和が普通の女子っぽく嬉しそうだったり、絵本内容への良い距離感?というかボンヤリした会話でまだまだダシが取れる感じ、しかも暗喩も含んでそうだったりして好きなシーンです。二次創作では難しい本家の味わいですよねコレ。

    私、何故かペンギンに似た希少種のオロロン鳥と混同して忘れていたけれど、そういえば昔、霧多布岬にエトピリカ見に行った事を思い出した。ま、山ほど居るウミウしか見れなかったんですけど・・・←いやね、ちょっとでも咲-Saki-に縁がある気がしたら自慢したくなる皆と同じ病気ですw

    爽さん
    今回も「何言ってるのか全然分からないけど!」な発言いただきました!
    故事成語っぽいのと聖書っぽいの連続で今回の〆。

    日和の柱に「かなーりおバカさんな大将」とか書かれてた獅子原爽さんですが、初期のそんなイメージは頼れる先輩っぽい爽さんで上書き保存されつつあります。なんか時々スイッチが入って男前になるのいいですね。

    でも・・・

    amae koromo
    ・・・・・
    ・・・・・
    ぺーぽんぺーぽん。

    yuan iwadate usuzan衣さんは難しい事を言うから
    頭の悪いブログ主は
    扱いづらいようだ。

    爽さん、どうか「難しい事ばかり言うキャラ」まではエスカレートしないで下さい。

    副将戦
    ・・・も残り少ない状況、ダヴァンはアレやるだのダメだの、ユキの「リーチが7回打てる」は深い意味なかったのかとか、絹さんの銃は何なのか(どうでもいい)とか、リッツは果たして全部見せてくれるのでしょうか・・・

    (むりっぽいですねw う~ん、なんか名残惜しいメンバーなんですよね)


    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

    咲-Saki- 第136局 「信念」 感想

    なんと!当地ではいつもどおりの月曜日に発売してました!(笑)
    つまり今回は全国と一緒の発売日だったのですよ!
    嬉しいぞ!ありがとう正月よ!君を忘れない!

    2015年 謹賀新免
    Nagi Shinmen 新免那岐
    私はいつでも    
    真剣なほうの味方だ 
    (サトハ談)

    以下、既読者向け、あらすじは書いてませんがネタバレは多く含みます。
    ◆第136局◆
    今回のサブタイトルは「信念」。「新年」や「真剣」や「新免」に掛かってるかもしれません。残念ながらダヴァンなのに「新麺」は出てこなかったです(いや新免も出とらんし!)

    意外にも対局はスルッと副将戦の前半終了まで進みました。実に緩急自在なペース配分です(笑)
    のどっち化と決闘モードから始まった副将戦は内容ギッシリの予感がしたのですが、牌譜的には特別な波乱もなく進んでる感じですね。

    ◆原村和◆
    私、思っていたのですよ。和って、デジタルとオカルトの二元論で考えてよいのか、あるいはデジタル打ちという超オカルトなのか、どっちにしても何か掴みどころのない強さだなっと。そこはリッツ先生も認識していたのでしょうか。

    「確固たる信念がある打ち手には大事なところで牌が応える」

    グホッ・・・そう言われてしまうと・・・しかも和の所で言われるとハハーっと土下座したくなります。
    和にすれば「偶然」の範疇なのでしょうけれど。

    私はこの副将戦で和にピンチが訪れると予想していたし、その展開を望んでもいました。ところが、ここまでは後に響くようなピンチもなく、逆に強さの理由をバックアップするような言及まできました。予想は外れましたが前回の個人戦の言及に続き和への理解が深まっていい感じです。

    サンキューリッツ

    ◆GM◆
    GMってゼネラルモーターズでもガンダム量産型ではなく、広岡とかマーティ・キーナートとか清武とか知識自慢で偉そうで感じ悪いゼネラル・マネージャーですね。



    プロ野球で言うGMは、メンバー集めとか長期的なチーム作りを担当する訳ですから、特に留学生を主体としている臨海にGMと呼ばれる人が居るのはリアルな気がします。

    ただ、園城寺さんは無名状態からエースに大抜擢された選手で、対外戦績とかあまり無いイメージなんですが1年時の牌譜とかあるんでしょうかね?
    このGMが超有能という事なのか、それとも蛇の道はへび的な情報網があるとか、GMが元千里山関係者だったとか・・・リッツの事だからいろいろ考えてそう。

    あと、園城寺さん本人は、能力以外の実力は3軍レベルのままみたいな事を言っていましたが、本人の認識では運も良くなったけれどそれは実力じゃないと冷静に考えてるのかも。いい感じでネガティブな所がある怜ちゃん最高。ああ、めんこいわぁ。

    ◆辻垣内さんとダヴァン◆
    辻垣内さん、こうしてみると「黒髪ストレートロング」の準主役に一人いそうなキャラデザなんですよね・・・咲-Saki-を最初に見た時、「黒髪ストレートロング」を沢村智紀で無駄遣いして「誰に萌えればいいんだよー!」と思ったのを思い出します。

    そして辻垣内さん、今までの冗談が通じないイメージ、ボケもツッコミも受け付けないイメージが少し和らぎましたね。ダヴァンとも仲良さそうで何より。でも相手が上品なミョンファならこうは行かなかったでしょう。

    で、ダヴァンは対局中にもコロコロとキャラが変わりますね。調子こくし、ぼやくし、もしかすると「真剣なほう」じゃなくね?w



    新免、明けましておめでとうございます。

    ところでこのダジャレはgoogle検索しても出てこないようです。
    うむ、画期的な面白ギャグという事ですね。

    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

    咲-Saki- 第135局 「攻戦」 感想

    阿知賀編BD-BOXをAmazonで予約しました。
    14巻もそうだけど他店で更におまけ付いたりとかするのかなぁ、気になる。

    ねんどろいど照さんは、アニメ1期DVD8巻ジャケットのゲス顔パーツも入れて欲しいけど無理だろうな(笑)

    ヤンガンは近所のセブンイレブンで売っているのに、雪の降る中を本屋まで歩いてしまいました。
    見た目は大人、知能は子供、記憶力は老人。

    以下、ネタバレ注意です。


    Toki Onjouji
    「竜華、清澄に新しい子おるな」
    「トキぃ、それ雑用係やで」

    さて第135局、いくつかの新情報と清澄・阿知賀メンバーの総出場で大充実でしたね。

    充実しすぎて最終回も近いのでは?と不安になる程です(うそ)。

    いやー、今さら言うまでもなく憧ちゃんヤバイ。すごい色香。
    「スピンオフ作品に本編の主役が登場した」くらいの大物感です。リッツ先生も意識して描いてますねありゃ。

    私、リッツ先生の描く制服カーデ姿がたまらなく好き(エロ可愛い)なのでぜひ新道寺コンビも描いて欲しいデス

    ◆◆◆


    今回はコレまで語られなかった作品世界の基礎知識的な情報が幾つか出てきました。


    ●和は県予選個人戦の時点で団体戦と違う打ち方をしていたらしい。

    最初は意外に感じました。ちょっと唐突な話でしたし。でも、デジタル打ちと言っても常に最適解が有る筈もないので、リスクをどこまで許容するか調整するだけでも打ち方が変わるでしょうね。

    和は個人戦があるし、団体戦では手堅く勝ち抜けを考えてる。
    一方ダヴァンは「セーブなんて出来るか!後がないんじゃ!」という心境。


    ●留学生はインハイ個人戦とコクマには出られない。

    ガーン(T_T)・・・エイスリンちゃんもう終わりなの?まだまだワカメ以外には通用しそうなのに勿体ない(T_T) 

    まぁ今度のコクマは世界大会に向けた選抜も兼ねるっぽいので、すぐ後にそれぞれ母国代表として出会うのかもしれませんね。
    連載では実現しても15年後くらいだろうけど。

    ●昨年の準決勝は2校勝ち抜けでは無かった。

    私は当初違うニュアンスで読んでたのですが普通に読めばルール変更があったと考えるべきセリフですね。
    三尋木プロの「バイオレンス感足りなくね~?」発言につながりますし。

    先生がシノハユで描きたい事の1つに、数年に渡るライバルとの対戦があるんじゃ無いかと思うんです。
    本編では、昨年の龍門渕とか照姉さんとか小走先輩とか、来年の阿知賀とか描きたいと思っても描けませんから。
    逆に回想から過去の事が分かってくる本編は情報が断片的なので妄想が捗るといえるのかもしれません。

    ●宥姉は夏の太陽に直接当たると暑い事もあるらしいw

    まぁ、直射日光に焼かれる暑さは気温とはまた別物ですもんね。個人的にも知り合いに少し宥姉イメージのする女性がいたのですが、夏の屋外球場で会った時にボロボロで驚きましたからね。ドーム球場の時より20歳くらい老けて見えました。宥姉にはああなって欲しくないw

    ●憧の座ってるベッドの布団、売って欲しい。
    ええ、もう。


    制服が逆の桧森誓子


    チカセン、ネクタイが白いのはともかく、髪型は正像なのに服が鏡像です(T_T)
    前回に続いてこのネタ・・・w



    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

    すばら!
    最新記事
    つぶやき
    カテゴリ
    スポンサードリンク
    プロフィール

    カツゲン

    Author:カツゲン
    男なら危険をかえりみず、下手と分かっていても描かなくてはならない時がある(カツゲン・ハーロック)

    当ブログは有珠山高校と地元の琴似栄を応援しています!

    最新コメント
    タグ

    感想 お絵描き 舞台訪問 

    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。