スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     成香が免許を取った? (お絵描きSS)


    みんな!

    成香が運転免許取ったってさ。

    明日、学校まで運転するそうだ
    岩館揺杏 iwadate yuan


    真屋由暉子 maya yukiko ユキちゃん 有珠山高校め・・・めんきょ!?

    カッコイイ・・・!

    でも

    高校生でも取れるんですか?

    そう、原動機付自転車、

    いわゆる原チャリは

    16歳から免許が取れるのよ

    humori chikaka 桧森誓子 有珠山高校

    獅子原爽 有珠山高校成香はママチャリ姿しか想像できないからワクワクするな!

    (そもそもバイク通学なんていいのか?先生に怒られそうだww)


    そして、翌日・・・











    セアミィ











    ひゃっはー!


    本内成香 motouch naruka HB-101キャップ チェリートラクター



    _人人人人人人_
    > 小型特殊だ! 
     ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄



    蛇足ながら

    ●原作設定とは関係のないフィクションです。

    ●小型特殊免許も16歳から取得可能。

    ●有珠山高校の所在地と思われる洞爺湖町から15キロほどの場所に「成香」があり、そこに成香牧場があります。そのせいか勝手に本内成香は農家の娘で【子供の頃から動物と会話をして一日が過ぎていった子】というイメージを持っています。

    ●その「成香」とは逆方向になりますが、有珠山の南側に伊達市があります。個人的に伊達市と聞いて真っ先に思い浮かべるのは小西農機でした。

    1970年にスター農機と合併して今は存在しませんが、明治期に国内で最も早く西洋式プラウを製造し、その後も一流メーカーとして知られ、赤い塗装から「赤プラウ」が代名詞となっていたようです。

    私は趣味で古い農機具(トラクター)を調べているのですが、実はこの小西農機もトラクターを作った事があるそうです。
    これが実に謎で、実際の所、売れたのか、いや、実際に販売されたのかもよくわかりません。写真は1枚しか観た記憶がありません。という事で、どこかに実車が残っていないかとロマンを掻き立てられる地が伊達市と有珠郡なのです。

    ●という事で、小西トラクターへの憧れはあるものの形が良くわからないので、この地に入ったであろう初期の国産トラクターのチェリー・トラクターを描いて・・・と、多分そんな深層心理で描いたのでしょう。全く考えずに描いてしまった。

    ●画力があれば、有珠山メンバーを乗せた避難車的な物を引っ張らせたかったなぁ。



    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

     真屋由暉子さん

    通称ユキちゃん、身長139cm。これはシズ、ハッちゃんと同じでユーキより低い。
    なのに、顔もおもちもロリ系デザインじゃないというスペシャル感のあるキャラです。突如「キーン」とかいって走りだしたら間違いなくビックリします。

    10/09 真屋由暉子さん誕生日、ユキたんイエイ~


       ドーン!

    yukiko maya
    聖書を習う学校とか
    カッコいいですし


    いや~、あのコマ大好きです。
    え?こんな子だったの?っていうね。

    回想前からもずっとクールだったユキちゃんが、初めて積極的な意思表示して見せたので印象深かったですし。

    でも、その後も表情の変化は限られてますね。これは和に近い愛想のなさを感じますが、逆に特別な時に見せる表情に希少価値があります。

    ただ、和と違ってメディアの前では良い対応するよう先輩たちに訓練されてるかもしれませんね。
    まったく新人の1年生なので、テルみたいなスレた対応も、牌のお姉さんみたいなブリブリな対応も出来ない、そんな気はします。

       ドーン!

    yukiko maya
    聖書を習う学校とか
    カッコいいですし


    服の色も換えてみました(笑)

    「カッコいいですし」の所、アニメ化の際は、ドンドンドーン!っと3方向からどアップ連続切替えとかで大げさにしてもいいかも。声は、そこだけ低くガサついた感じ、でも地声が可愛いからコミカル、みたいなのが良い。(おっと、妄想癖。お薬の時間だ)

    いや、新海誠のCMアニメ「クロスロード」がメッチャよくて、変な力の入った「行ってきます」の声なんか好きですね。あのイメージがしたんです。
    一応youtubeにリンク

    ◆◆◆◆◆◆◆◆

    地味で何も取り柄がないと思っている女の子(ユキ)と、魅力を見抜きを変身させてくれる王子様(爽たち)。

    古典的な少女漫画にあるようなシンデレラストーリーでありますが、爽の即断ストレートな物言いは仲間の信頼感あっての物で、私は少年漫画的なイメージもしています。

    将来、ユキの成功を見届けた後、先輩たちは満足そうに静かに去っていく。そんな感じだったらいいなぁ。












    yuan iwadate usuzan






    >お前が言うな




    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

     吉留未春 みはるん壊れる(お絵描きSS)

    「え!私が次期キャプテン?」

    「むりむり!わたし無理です!」

    「わっ、いえコーチ、口答えだなんてとんでもないです!」




    吉留未春は動揺していた。

    部員たちが密かに「お仕置き部屋」と恐れるその部屋は、久保貴子コーチ専用の指導室として使われている麻雀部準備室だ。常に暗く陰気で、独特の圧迫感があることから呼び出される者は皆緊張した。

    「でも・・・特待生でエースの華菜ちゃんとか・・・」

    聞こえないのか、なおも無言で睨み続ける久保コーチ。

    「ぶるぶるぶる・・・」

    1分・・・ 2分・・・

    5分・・・

    ついにキレた。

    吉留未春がキレた。

    「けっ、あたぼうよ!」

    「いやさ、華菜、深堀なんざ頼りなくってしょうがねぇや」

    「もとより、おいら以上に出来る奴はいないってわけだ」

    「しゃぁねえな。おぅ、やってやろうじゃんか!」


    久保コーチ「吉留!てめぇわかってんじゃねぇか!」

                  ◆◆◆◆◆◆

    ドアの外、キャプテン福路美穂子は一部始終を聞いていた。

    「もう大丈夫、時代劇と古典落語が好きな2人だもの、上手くやっていけそうだわ」

    美談ぽくまとめるキャプテン。マジ天使。



     ・
     ・
     ・
    なんだこれ・・・
    ヒドイな

    とりあえず、9月17日 みはるんたんイエイ~
    いやいやいや、もう5日も過ぎてるし!

    原作設定で次期キャプテンの言及はないですよね・・・?

    前から完全無欠な福路美穂子キャプテンの後の人は本当に大変だろうなぁと思ってました。そりゃ当然ですね。雑用なんかを以前のように1年生にやらせると、揺り戻しで「今度のキャプテンは最低ね!」とか言われそう。

    で、適任者は居ないのは当然として、現2年生のレギュラー3人から選ぶとしたら個人的にはみはるんだと思うのです。

    アニメ一期の個人戦とかDVD4巻のドラマとか観ると、責任感や良い人っぷり、頑張り屋さんっぷりが見えるし、阿知賀編や全国編で久しぶりに観た時に感じる相変わらず可愛いのぅ(個人の感想)って感じが凄く良い。

    ----
    絵:

    なんか似てない、下手だ、汚い、のはともかく、パソコンで絵を描くのちょっと楽しくなってきました。

    画像はPicasaウェブアルバムにUPしているのですが、一度載せたファイルを後から加工出来て楽しいです(google+に統合されてからの奴)。他のウェブアルバムにもあるのかな「部分調整」機能。最初は淡い水彩画風だったのが気づいたら逆光風の濃い色になってました。汚いのはそのせいです・・・(笑)


    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

     昨年の照さん(お絵描きSS)

    ※咲-Saki-第130局を読んでの妄想


    カメラマン 「宮永さん!振り返って笑顔お願いします!」

    宮永照 「こうですか? にへっ!」


    カメラマン (ぐ・・・やっぱアカン。どないしよ)


    1年前、とある雑誌社

    編集A 「いやー、噂通りの笑顔でしたよ・・・」
    編集B 「例年チャンピオンは巻頭に載せるのだが、コレは・・・」
    編集A 「ごく一部のマニアにはウケてるそうですけどね」
    編集B 「チャンピオンなのにマニアック物件か」

    編集B 「それで、巻頭はどうするんだ?」
    編集A 「今回は人気投票で行きます。表紙は1位の佐々野さん!」
    編集B 「ほう、いいね。で、宮永はどうなる?」
    編集A 「笑ってない写真から可愛げのあるのを探します。巻頭はムリですね」

    ●白糸台高校の部室

    「今年のインハイ特集、照は妙に後ろの方だな。」
    「佐々野がウインクしてるせいで照の無表情が際立つw」
    「ってか、佐々野に何ページ使ってんだよwww」
    「もしかして笑ってないの照だけじゃないか?」
    「ん?何?」
    「バカ言え、私は元々けっこう喋る」

    「ふーん。」

    「お前、もちょっとニコニコっと出来ないか?」
    「出来ない」
    「来年はインタビューとか会見とかもっと注目されるぞ」
    「出来ない。営業スマイルとかぜーったい無理

    誠子 「ああ、そのせいでしょうか・・・」
    誠子 「なんか最近チーム的にも記者に避けられてる気がします」

    尭深 「いいえ、それはチーム全員がヒドイ笑顔だからです」
    「ズコッ!」
    尭深 「ゆえに皆で笑顔の練習するってのはどうでしょう」
    「うーむ、それもそうだ、よし、練習しよう。照!手伝うぞ!」

    「・・・」


    しばらくの間、白糸台高校のチーム虎姫はおかしな事になりました。

    おしまい。





    テーマ : 咲-Saki-
    ジャンル : アニメ・コミック

    すばら!
    最新記事
    つぶやき
    カテゴリ
    スポンサードリンク
    プロフィール

    カツゲン

    Author:カツゲン
    男なら危険をかえりみず、下手と分かっていても描かなくてはならない時がある(カツゲン・ハーロック)

    当ブログは有珠山高校と地元の琴似栄を応援しています!

    最新コメント
    タグ

    感想 お絵描き 舞台訪問 

    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。